とてもいい発見をして進展する

総額で年収の3分の1までの金額しか借り入れられないといった法律による規制ですが、この規制が適用されているのは消費者金融で借り入れの時のみであり、銀行から融資をうけるときは総量規制の対象にならないです。
そしてこれがどういったことを示すかと言えば、消費者金融が貸主になる銀行系キャッシングのときは限られた金額までしか借り入れることができないといったことなのです。そしてそれに対し銀行キャッシングは銀行が貸主になるキャッシングですから、年収の3分の1といった規制を受けないで、高額な融資を受けられます。